物を選ぶ楽しさ、タワレコ新宿にて。

久しぶりにタワレコ新宿店に行った。

フロア構成が変わっていたのは知っていて気にはなっていたけど、ここ数年はずっとiTunesとかダウンロード購入ばかり。

音楽っていうコンテンツがそのものが楽しいんであって、パッケージされたCDっていう物が欲しい訳じゃない。わざわざ物を買いにいく理由も見つからなかったし、家でのんびり視聴しながら物色できるっていうのが楽だった。

で、久しぶりにタワレコ行くと当然ながらあふれんばかりのCDが沢山。そして相変わらずいろいろな手書きPOP。いやPOPは昔よりも増えているんじゃないかな。

そしてPOPのおすすめ曲に従って視聴機操作すると、書いてある表現に納得、いい曲。
それにしても、ナカミチからいい音でるなーと思いながら、適度にスキップしながら曲を聴く。

そんな感じで何台か視聴機をはしごして、購入するCDを決定、レジへ。

POPの「バイヤーオススメ」「1、2、4、9聴いてみて!」なんて言葉にワクワクしながら好きなCDを物色するのは相変わらず楽しかった。好きな曲を探すのが”楽”なのではなく、”楽しい”。

タワレコ新宿のPOP

店舗で物を選ぶっていうのは、「物体を手に取って選ぶ楽しさ」ここを追求しないとネットの便利さ、楽さに負けてしまうんだろうな。ネットでの購入も「選ぶ楽しさ」は表現できるだろうけど、フロアに入ってすぐ目に飛び込んでくるPOP、視聴機のボタン操作、アルバムデザイン見ながらヘッドホンで視聴、こういった動作がきっと店舗で物を選ぶ楽しさなんだろうな。

で、久しぶりにCDプレーヤーにCD入れて聞いていてみたけど、すぐにパソコンで取り込んでデータ化。曲はいい、でもCDっていう”物”は家の中にはいらないんだよな。

買ったCDは、タワレコ新宿店バイヤー選曲という「songs of starry night[Compilation]」と、「Pocket Fantasy [Original recording]」。
※紹介先はAmazon…

IMGP8364

#お金の使い方も物に使うんじゃなく、コンテンツ、サービスに使っているとう意識が最近は強くなって来た。必ずしも物と交換の為のお金じゃない、この話はまた今度整理して書いてみる。



コメントを残す

CAPTCHA